模型と設計図

中古住宅より新築住宅!

中古物件も考慮しましたが、やなりこれから多分一生住むであろう家なので、そこは新築住宅のほうがいいだろうと思ったのです。やはり誰も住んでいない、当然ですが、自分が初めて住む家なのです。気持ちもいいですし、清々しい思いもあります。
あとはやはりもし家を確認して、何らかの不備があったとき、そこの建築会社に言うこともできますよね。だってもし中古だったら、そんなものですと言われるでしょう。それ込みでこの価格なんですよと。こっちもじゃあ仕方ないなってならざるを得ません。でも新築住宅だったら、当然のこと、ここが壊れているや、ここがおかしいと前もって言うことができます。そして住む前に直してもらうことができるのです。
それで直さないところはないでしょう。普通なら。そんな建築会社だったら、その時点でそこから家など買いません。新築住宅といえど、絶対に完璧などありません。どこかしら不備があったりします。私も何度か直してもらっています。もしこれから家を購入するかたで、新築住宅か中古住宅かで迷っていたら、私としてはぜひ新築住宅をオススメしたいですね!きっと長い目で見れば、そのほうがいいですよ。

新築住宅を建てる際に気をつけること

念願かなって建てた新築住宅。後悔のないようにするためにも、次のような点に気をつけることが大切です。
①とにかく情報を集める。様々な人がこだわって建てた注文住宅を、可能な限り見て回ることをお勧めします。やはり、自分たちのこだわりを詰め込むと言っても、紙面上では十分なイメージが難しいですから、実際に現物を数多くみることが大切になります。
②建築予定地周辺の環境チェック。建ててから中止にすることは難しいのが住宅建築。だからこそ、建築予定地周辺の環境チェックはしっかり行いたいものです。教育、医療、公共交通機関など、様々な環境に目を凝らしチェックしてみると良いでしょう。
③世帯のライフプランを考える。住宅購入は、その世帯のライフプランにも大きな影響を与える可能性があります。故に、世帯のライフプランを再考し、新築住宅を建てることが、自分たちの世帯に本当に必要なことなのか十分に検討することが大切になります。
以上のように、新築住宅を建てる際に気をつけることは色々とあります。念願かなって建てる新築住宅には、その世帯の夢や希望が数多く詰まっていることでしょう。後悔のない、新築住宅の購入になることを願っています。

新築住宅を建てた時のことと10年を迎えて

マイホームを手に入れるにあたり、建売住宅と新築住宅で迷いましたが、間取りや駐車場のことなどいろいろこだわりを捨てきれなかったので、新築住宅にしました。家を建てるにあたり何の知識もなかったので、主人と住宅展示場に何度も足を運び、メーカーさんの説明を聞いたり、それぞれのメーカーさんの家の特色を感じ取ることから始めました。予算的なことも含めていちばんしっくりくるメーカーさん2社に絞り、同じ間取りでそれぞれ見積もりを取りました。
その間にも、住宅展示場だけでなく、該当メーカーさんの家がたくさん建っている新築住宅に出向き、外壁を見て参考にしたり、イメージを固めていきました。2社さんから、同じ条件での見積もりを取ることで、いろいろ違いがでてきましたが、甲乙つけがたく、最終的には担当設計士さんの誠実な人柄にほれ込んでの決断になりました。最後の最後までどちらのメーカーさんにもはっきりお返事をせず強気を通したことで、サービスもしていただくことができました。
10年間の保証期間中は点検をマメにしてくださり、不具合が生じた箇所は無償で修繕してくださりました。10年を迎えた時に、外壁の大がかりな補修を提案されましたが、外壁が傷んでいる実感と補修の必要性を感じなかったので、そちらは即答できず、保留のままになっております。

夢のマイホームどうやって手に入れる?

誰もが夢見るマイホーム、新築住宅に住むことができたら幸せですよね。新築住宅を考えた時、大きく分けて建売住宅と注文住宅があります。 建売住宅の魅力はまずは価格がリーズナブルなところです。メーカーでの規格が決まっていて大量生産などが可能な為、多少安めな価格設定で販売されていることが多いです。高い買い物ですので、少しでも安い方が嬉しいですよね。それに、実際に出来上がった住宅を見てから買うことができます。間取りの広さや家事動線、建具の配色などを自分の目で確認することができることは建売住宅の強みと言えるでしょう。建売住宅の間取りや仕様を気に入れば、それはとてもお買い得な住宅となることは間違いありません。 注文住宅はその名の通り、自分の思い通りの家を作ることが出来ます。自由設計なので、好きな大きさの家で好きな間取りにできることが魅力です。まずはどんな家にしたいか考えてハウスメーカーや工務店を選ぶことから始めるので、建売住宅より時間がかかってしまうことが多いでしょう。価格も建売住宅よりかは高額になることが考えられますし、色々なオプションを追加していくと最初の見積もりよりはるかに高くなってしまうので、よりきちんとした資金計画が必要です。 どちらにしろ、新築住宅を手に入れる為には莫大なパワーが必要ですので、焦らず自分にあったマイホーム計画を立てることが大切です。

新築住宅を建てるなら断然注文住宅!

一軒家

新築住宅、いわゆる建て売りと注文住宅がありますが、予算などが許すのであれば断然注文住宅がおすすめです。建て売り住宅の良いところは、すぐに入居できる、一定の量産型なので、部材などが安く、土地&建物の合計金額が安く抑えられるというところかと思います。逆に、自分の思い通りの間取りや、テンプレにはまった似たような外観の家…

新築住宅を建てる際のポイント

芝生の上の家

多くの人が夢見る新築住宅。しかしながら、新築住宅を建てる時には、様々な悩みが付いて回るもの。そこでここからは、新築住宅を建てる際のポイントを以下にまとめてみることにします。●注文住宅と建売住宅のメリット、デメリットを押さえる。新築住宅を建てる際に悩むことが多いのが、注文住宅にするか、建売住宅にするかという…

新築住宅は一戸建てかマンションか

お洒落なインテリア

新築住宅を購入する際に、悩むことのひとつが、一戸建てにするかマンションにするかということではないでしょうか。最終的には、個人の価値観による選択になりますが、一戸建てとマンションにはそれぞれ以下のようなメリットがあります。①一戸建てのメリット:特に注文住宅の場合は、自分たちの住居に求める理想を、予算の許す限…

新築住宅購入時に考慮した方が良いこと

リビング

新築住宅購入、人生の中でもとても大きなライフイベントになる方が大半ではないでしょうか。そんな新築住宅購入時には、次のようなことを考慮すると良いでしょう。①人と比べない:周りが新築住宅を購入しているから、我が家も、という気持ちは分からなくはありませんが、尚早です。世帯のライフプランをじっくり考えたうえで、新…

TOP